BLOG

2020.10.19

Salesforceでの作業効率を上げよう!~ページや機能へ素早くアクセス~

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。クラウドソリューショングループのエンジニアの高尾です。

Salesforceユーザの方々の中には、見たいデータや使いたい機能にアクセスするまでの画面遷移が面倒だと思われた経験はないでしょうか?
今回はそういった方々のお役に立てればと、画面遷移を減らす手助けとなる機能をいくつかご紹介したいと思います。

1.お気に入り

まず最初は「お気に入り」機能です。
Salesforceにログインしたときに、ヘッダに常に表示されている「★」のアイコンの部分です。

その名の通り、ブラウザのブックマークとほぼ同等の機能で、
Salesforce内のデータやレポート等を登録しておけば、クリック1回で素早く目的のページを表示することができます。

使い方もとても簡単で目的のページを表示した状態で、「★」をクリックするだけで登録できます。

また表示したい場合も、右横の「▼」をクリックして、表示したいページの名称をクリックするだけです。

最大200件まで登録可能で、各ユーザごとに好みのものを登録可能ですし、さらにモバイルからアクセス可能なページであればモバイルでも使えるので、非常に使い勝手のよい機能となっています。

2.ユーティリティバー

続いては「ユーティリティバー」機能です。
簡単に説明すると、画面遷移することなく、本来そのページにない機能を使えるようにする機能となります。

例えば、商談のページを編集しているときに、Chatter通知があった場合、ユーティリティーバーにChatterフィードを追加しておくと、画面遷移せずにユーティリティバーで投稿内容を確認することができます。

最近リリースされたWinter’21からはユーティリティバーの表示位置も変更できるようになりました。

3.Launchpad

最後に紹介するのは「Launchpad」機能です。
こちらは最近リリースされたWinter’21の新機能で、ナビゲーションメニュー(ヘッダのタブ)へのショートカットを作ることができます。

特にモバイルをお使いの場合、使いたいタブをメニューから探す必要があり、やや手間だったのですが、こちらの機能を使うことでアクセス効率が非常によくなります。

ここまで3つの機能をご紹介いたしましたが、使ってみたいと思われる機能はございましたでしょうか?

今回ご紹介したもの以外にも、画面遷移を減らして業務効率を上げる効果のある機能や方法はまだまだありますので、機会があればご紹介したいと思います。

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

メルマガ登録

御社名

メールアドレス