BLOG

2024.07.17

セキュリティ対策の基本について【第6回 情報セキュリティブログ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
サンビット情報セキュリティ委員会の吉岡です。

今回はセキュリティ対策の基本について当社の取り組みを書かせていただきます。

2024.07.16

炊飯器を導入しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドソリューション部の山下です。

最近は気温も上がってきて暑いですねー。

弊社では、テレワークを取り入れてるので、部屋での作業中はなんともないんですが、外出するときは暑い(夜も全然涼しくないし...)

そんなこんなで、テレワークのありがたさに感動してます。
テレワーク中って家で作業をするのでお昼も家で食べることが多いんですよね。

お米が好きなので、お昼に食べたりもするんですが、最近思うのがだいぶ炊飯器が古くなってきたなと。。。

というのも実は今使ってる炊飯器って実家から持ってきたものなので、恐らく10年以上は経ってるんじゃなかろうかっていう代物です。

まあ、今でも使えるのは使えるんですが、内釜に剥げがあったり、液晶部分が少し見づらくなってたり、ボタンを押しても反応が無かったりなど気になる点も出てきたんですよね~

そもそも炊飯器の寿命も5年と一般的に言われてるみたいです。
(うちの炊飯器はよく頑張った!ありがとう!)

こういう理由もあるので10年以上一緒に苦楽を共にしてきた炊飯器に悲しいお別れを告げ新しい炊飯器を購入しました。

2024.07.08

春の立山黒部アルペンルート:巨大な雪の壁を求めて

皆さまこんにちは。経営管理部の大津です。

今回は、今年5月に訪れた「立山黒部アルペンルートの旅」について書いてみます。
以前、TVでみた「雪の大谷」をこの目で見てみたいと思い、計画を立てました。

「立山黒部アルペンルート」は、標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを通り抜け、長野と富山を結ぶ、世界有数の山岳観光ルートです。
雪の大谷の見どころは、何といっても巨大な雪の壁です。観光できるのは寒い2月だと思っていたのですが、2月は、雪が多すぎて観光はできないのです。
例年、1月下旬から4月まで大型ブルドーザーで雪に埋もれた道を掘り進む作業が続き、一般に開通されるのは4月中旬からです。
一般車両は通行規制があるため、観光するにはツアーで行くしか方法がありません。
ネットで検索し、阪急交通社のツアーを利用しましたので、詳細をレポートします。

2024.07.05

Salesforce のレポートの機能 〜レポートで前年対比を計算してみよう〜

こんにちは、クラウドソリューション部 カスタマーサクセスチームの坂井です。

今回は、前回に続いてカスタム集計項目について説明をします。

前年対比

前回はカスタム集計項目の概要でしたが、今回は、実際の例を紹介していきます。
カスタム集計項目では、単なる足し算や、引き算以外に、前年対比も集計が可能です。

2024.07.01

SUNBIT健康教室:ピラティス体験会について

代表の中野です。

当社では社員のみなさんが心身ともに健康的な人生を過ごしていただくことを念頭に、
SUNBIT健康教室」を定期的に実施しています。

今回のテーマは「ピラティス」です。

ピラティスは身体機能回復や精神安定などのリハビリを目的として、ドイツの看護師により発案されたのが起源とされています。

普段テレワークが多く、運動不足や腰痛・肩こりに陥りやすい、当社の社員に相応しいエクササイズといえます。

2024.06.24

【快適】自作キーボードの世界【素敵】

このエントリーをはてなブックマークに追加

えっ?!もう2024年の半年が終了?
まっさかぁ・・・

初めましての方は初めまして。
そうでない方はお久しぶりです。

エンジニアリング第1Grの、
ガジェット大好き赤野です。

前回、リモートワークのデスクツアーをやらせてもらった時に、
キーボードについて書ききれなかったので、
今回は「自作キーボード」についてです!

「自作キーボード」と言っても、「自作PC」と同じように、
ある程度出来ているモノを組み合わせていくだけなので、
モノによりますが、そこまで難しい事でもありません。

販売者によっては製作代行も行ってくれます。

が、今回は自分で製作までやってみたいと思います。
むしろ組み立てたい欲がありあり。

という訳で?
今回ご紹介するのはこちら!!

2024.06.20

Salesforce のレポートの機能 〜レポートでカスタム集計項目を使ってみよう〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、クラウドソリューション部 カスタマーサクセスチームの坂井です。

今回は、レポートのカスタム集計項目について説明をします。

カスタム集計項目とは

行レベルの数式は、1行のみの計算は行えますが、カスタム集計項目は、複数行に渡る計算ができます。

カスタム集計1

行レベルの数式

  • 任意の加算、減算、乗算、除算の数式を作成

例)消費税額、粗利、利益率

カスタム集計項目

  • 任意の合計、平均、最大値を使った集計項目を作成

例)平均単価、前年対比、目標達成率

カスタム集計項目では、複数のグループの集計を、加算したり、乗算したりできます。

2024.06.17

Ant 移行ツールから Salesforce CLI への移行

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、CS部で Salesforce の開発に携わっている平石です。

Salesforce のバージョン Spring’24 をもって Ant 移行ツールのサポートが終了されました。
これまで、組織へのメタデータのデプロイは Ant 移行ツールを使用していた方がたくさんいらっしゃることと思います。
今後、 Ant 移行ツールと同様にメタデータ形式でデプロイしたい場合は、 Salesforce CLI を用いることになりますので、その手順について説明したいと思います。

Salesforce CLI を用いてデプロイ先の組織にログインする方法として、 JWT フローログインを使用します。

JWT フローでは、デジタル証明書と非公開鍵を用いて任意の組織で作成された接続アプリケーションをデプロイ対象となる組織にインストールすることにより、ログイン画面を開くことなく、コマンドプロンプト上で組織にログインすることが可能となります。

1.OpenSSLを使用して非公開鍵とデジタル証明書を作成

事前準備として、パソコンに OpenSSL がインストールされている必要があります。次のコマンドで OpenSSL がインストールされているか確認します。インストールされていない場合はインストールしてください。

>openssl version

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索