BLOG

2023.12.22

自動振分システムの導入事例

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、経営管理部の野口です。

シリーズでお届けしている産業ロボットの導入事例をお届けいたします。

今回は、「自動振分システム」の登場です。

このシステムは、上流から流れてくる直方体形状の部品を形状を判定し、ロボットにより各場所へ搬送することを可能にしました。

7_冷金判別移載システム

2023.12.21

情報セキュリティ委員会の活動内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回目の「情報セキュリティブログ」です。

情報セキュリティ委員会の大谷地です。

今回は、情報のセキュリティ確保のためのサンビットの「情報セキュリティ委員会」の活動内容について紹介したいと思います。

情報セキュリティ委員会は、毎月開催されています。

2023.12.20

Salesforce のシステム管理者の設定 〜クイックアクションを使ってみよう〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、クラウドソリューション部 カスタマーサクセスチームの坂井です。

今回は、クイックアクションの変更について説明をします。

今回は、システム管理者向けの内容になっています。
システム管理者でないと、クイックアクションは設定できません。一般ユーザの方はクイックアクション追加できませんので、参考に確認して頂けると幸いです。

クィックアクションとは?

クイックアクションとは、対象オブジェクトに対しての関連レコードの作成や、メール送信、様々なアクションのパターンを素早く入力するためのアクションボタンを画面上に設置できます。

2023.12.18

楽しく飲むために

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
クラウドソリューショングループ 池崎です。

エルニーニョ現象で12月とは思えない気温の中、年末年始の親戚が集まるイベントに恐々とする今日此頃。
お正月といえば、飲み会のシーズンでもあります。
というわけで、今回のテーマはお酒

私はお酒、あまり飲めません。
元々大好き、なんてことはなかったですし、一時期付き合いで配られる200mlもないくらいの一杯ですら気持ち悪くなるくらいに弱かったことがあります。
飲める歳になった頃はそんなに弱くなかったし、乾杯の一杯で気持ち悪くなった時は自分で自分に驚きました。

この時ぶつかったのは、アルハラ問題。

2023.12.11

我が家の冬の風物詩?(玄関にファンヒータ出現??)

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営管理部の大谷地です。

12月になり、どんどんと気温が下がり、寒い日が続くようになりました。

そこで我が家の暖房活用術を紹介したいと思います。

我が家はマンションの1階の3LDKの部屋です。

中古で購入しましたので、入居前にリフォームを実施。
私が購入したときもすでに築ニ十数年の物件です。

2023.12.08

自動箱詰めシステムの導入事例

こんにちは、経営管理部の野口です。

近年、物流や小売業界においても、効率向上と人手不足への対策が求められています。

この背景のもと、弊社が開発した自動箱詰めシステムが、箱の組み立てから梱包、さらに搬送まで一気通貫に自動化された事例をご紹介いたします。

導入した目的と導入後の効果

「小箱の組み立てから封函まで」の作業をすべて自動で行うことにより、箱詰め作業の省人化を実現しました。

これにより、段ボールの製函、封函、及び箱入れにかかる人員を2名~4名削減し、生産性の向上を達成しました。

自動箱詰めシステムの導入により、業務の効率が向上し、単純かつ繰り返しの作業から解放された作業者は、より専門的で高度な業務に専念できるようになりました。

5_製品箱詰めシステム_2_blog用

2023.12.06

Salesforce のシステム管理者の設定 〜動的コンポーネントを使ってみよう(後編)〜

こんにちは、クラウドソリューション部 カスタマーサクセスチームの坂井です。

今回は、前回に引き続き、動的コンポーネントについて説明をします。

今回も、システム管理者向けの内容になっています。
システム管理者でないと、動的コンポーネントは設定できません。一般ユーザの方はレイアウトにコンポーネントを追加できませんので、参考に確認して頂けると幸いです。

動的関連リスト

動的関連リストは、関連リストにフィルターをかけることができます。
表示順だけを変えて必要な情報だけを上にソートしたとしても、必要のない情報が表示されて、スクロールが多かったり、目的の関連リストを探すことが大変です。

Lightning のレイアウトでは、最初からフィルターをかけた状態で関連リストを表示することが可能です。

2023.12.04

「値決めは経営」について-お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点-

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表の中野です。

衝撃的な出来事でした。

先日、数年前にできた近所のお気に入りのラーメン屋に行った時のこと。

いつも注文するラーメンの値段が、なんと850円から1000円になっていたのです。

カウンターにテーブル二席のこじんまりとした店内です。

「えっ!、千円っ!!」

つい大きな声が出てしまい、カウンターにいる店主がやや恐縮した面持ちで私の狼狽ぶりをうかがっています。

実はこの驚きには伏線があります。

そもそもこのラーメンは2年前までは700円で、昨年850円に上がったばかりだったのです。

世界的な混乱もあって、世の中あらゆる原材料費、光熱費が高騰しています。

それにしても2年前から143%アップはいささかインパクトが大きいです。

消費税が8%から10%に上がったどころの騒ぎではありません。

カレンダー

«2月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   

ブログ内検索