BLOG

2023.08.28

感情をコントロールしようとしてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアリング部の宮﨑です。

感情のコントロールって難しいですよね。
些細なことでカッとなってしまったり、怒りのまま乱暴な言動で周囲とトラブルを起こしてしまうこともあります。
そんな自分を改善したいと解決方法を調べたりする人も多いのではないでしょうか。

WEBで「感情 コントロール」と検索すると、いろんな解決方法が出てきます。
検索結果を参考にいろいろ試してみても、なかなか改善しない。
その繰り返しで、さらにイライラしてしまう。

私もそんな自分を改善したいと、本や音声教材などを参考に実践を繰り返してきました。そうして現在行っている方法をご紹介いたします。

2023.08.21

たまには家族で釣りでもいかがですか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。クラウドソリューション部の古川です。

毎日暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お休みも多いこの季節、どこかに遊びにでも行こうかと考えてらっしゃる方も多いと思います。
今回はそんな夏にピッタリのアクティビティ、釣りのお話です。
ちなみに私は食べられる魚しか興味がないので、釣りと言えば海です。
特に今回は子供も喜ぶファミリー向けの釣りをご紹介します。

この夏の時期、主なターゲットとなるのが「アジ」と「キス」です。
どちらも身近な魚ですよね。
この2種類をターゲットにした釣りでは、釣れなかったことはありません。

2023.08.18

Salesforce のメールの便利機能 〜ミーティングのリクエストメールを送信してみよう〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、クラウドソリューション部 カスタマーサクセスチームの坂井です。

今回は、Summer '23でリリースされた新機能「ミーティング要請の送信」について紹介をします。

ミーティングのリクエストメール

Salesforce のヘルプでは「ミーティング要請の送信」と翻訳されていますが、今回はわかりやすく説明するために、「ミーティングのリクエストメール」という言葉を使って説明します。

簡単に説明すると、カレンダーの空き情報を自動的に拾って、メールに候補日程を貼り付けて送信して、受信者が候補日程を選択すると、Salesforce のカレンダーが連動する機能です。

2023.08.17

産業用ロボットの選び方のポイントとは?失敗しないためのチェックリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、経営管理部の野口です。

産業用ロボットは、製造業や物流業界などで生産性向上や業務効率化を実現するために重要なツールとして活用されています。

しかし、ロボット導入は企業にとって大きな投資であり、適切なロボットを選ばなければ、期待した効果を得ることが難しい場合もあります。
本記事では、自社のニーズに最適な産業用ロボットを選ぶ際のポイントと、導入を成功させるための実践的なアドバイスをご紹介します。

2023.08.16

ゴルフ日和~夏は爽快に高原ゴルフ!~

こんにちは!
技術部 第2グループの坂口です。

今回は、「ゴルフ日和~夏は爽快に高原ゴルフ!~」について書いてみたいと思います。

みなさん、連日猛暑が続いていますが、いかがお過ごしですか?
今年の夏は、これまで私が経験した中で、間違いなく一番暑い夏になっています。
ここまでの猛暑は初めての経験です。
あまりにも暑すぎるので、海にも人影はまばらで海水浴を楽しむどころではなくなってしまっているようですね。

でも、暑さには負けたくなく、何とか夏を満喫したいと思い、今年は涼を求めて高原ゴルフに出かけてみることにしました!

2023.08.07

元京セラ人事部長セミナー「ポイントは業績を上げ続けること」

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表の中野です。

先月、私が加入している勉強会の講演会にて、京セラで30年以上、採用、教育、人事管理の実務を経験されてきた株式会社スターフィールド代表取締役である星野周氏のセミナーを受講いたしました。

京セラの年商が数百億円から1兆円企業規模になるまで、京セラ創業経営者の稲盛和夫氏に間近で接し薫陶を受けてこられた、まさに京セラ成長期の生き字引といえる方です。
稲盛和夫氏や京セラに関する書籍は多数ありますが、人事評価という切り口で書かれたものはあまり見たことがなく、大変興味深い内容でした。

冒頭、京セラでの体験や特長についていくつかご紹介されました。

2023.08.04

Salesforce のシステム管理者の設定 〜カスタムオブジェクトとカスタム住所項目を使ってみよう〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、クラウドソリューション部 カスタマーサクセスチームの坂井です。

今回は、カスタムオブジェクトについて説明をします。

今回は、システム管理者向けの内容です。
システム管理者でないと、カスタムオブジェクトは設定できません。一般ユーザの方は作成できませんので、参考程度に確認して頂けると幸いです。

カスタムオブジェクト

Salesforce では、カスタムオブジェクトという独自のデータベースを作ることができます。
例えば、ライセンス、資格、車両、物件など、標準オブジェクトにないデータベースを作成できます

カスタムオブジェクトには、契約している Salesforce のライセンスによって作成できるカスタムオブジェクトの数が決まっています。カスタムオブジェクトの作成に当たっては、契約しているライセンスを確認しましょう。

カスタムオブジェクトの作成

オブジェクトマネージャで、「作成」の「カスタムオブジェクト」を選択します。

2023.08.03

【安全な協働ロボット】人間との共同作業における安全性と効果的な協力

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、経営管理部の野口です。

協働ロボットは、人と同じ作業空間で安全に共同作業を行うことができる特殊なロボットです。

従来の産業ロボットと比較して小型・軽量であり、出力が弱く(※)、衝突検知システムや速度制限などの安全装置が搭載されているため、作業員と接触しても危険でない、などの特徴を持っています。

これにより、協働ロボットと人が安全に協働作業を行うことが可能となり、新たな可能性が開かれることでしょう。

※…近年は協働ロボットの大型化も進んでおり、サイズ/出力も大きくなってきています。

本記事では、協働ロボットについて詳しく解説し、安全性と効果的な協働に焦点を当てます。

カレンダー

«2月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   

ブログ内検索