BLOG

2022.06.06

梅雨のウツウツは暗闇バイクで吹っ飛ばせ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表の中野です。

「今日もまた雨か・・・」

恵みの雨、と頭では理解しつつ梅雨の長雨は鬱陶しいものです。

この時期の屋外への外出や運動は、お天道様のご機嫌次第でままなりません。

そんな時期におすすめなのが、私も最近はまっている「暗闇バイク」です。

暗闇バイクとは、真っ暗な部屋で大画面のスクリーンに映し出されたインストラクターの指示に従い、バイクを漕ぎ続ける屋内フィットネスです。

数年前から、全国的に暗闇バイクのスタジオが普及しはじめています。

コロナ前はリアルなインストラクターでしたが、コロナをきっかけに、今はヴァーチャルインストラクターが主流みたいです。

普通のエアロバイクはほぼママチャリですが、暗闇バイクは前傾姿勢のロードバイクに近い形状です。

ハンドルやサドルの高さはもちろん、ダウンチューブ上部に設置されているダイヤル式ギアで、ペダルの負荷も自由に変えられます。
激しいペダリングで足がずれないようにベルトで固定します。

大画面上のインストラクターの指示に従い、まずは軽くウォーミングアップ。

ギアはモデレート(普通の重さ)で少しずつ速度を上げ(80~100RPM)、徐々に身体を温めていきます。

1分を過ぎたあたりから本格的なトレーニングが始まります。

  1. 20~30秒のスピードスプリント(120~140RPM)を数回繰り返す
  2. ギアの負荷をヘビーにして、20~30秒の坂道スプリントを数回繰り返す
  3. 負荷を普通に戻して、15~20秒ほどインターバル

坂道スプリントは立ち漕ぎしないといけないくらいの負荷で、実際のロードレースさながらに右に左に身体を揺らします。
心は弱虫ペダルの「ダンシング」です。

月によって時間やプログラム内容は多少変わりますが、
基本的に、①スピード、②坂道、③インターバル の繰り返しです。

言葉で書くと「たったそれだけ?」と感じるかもしれませんが、他の会員さんとのグループライドで孤独感はありませんし、きついプログラムを共にやり抜いた達成感を味わえます。

TOTAL30~45分のプログラムが終わると、持参したスポーツタオルはびっしょり。

足元は汗の水たまりができるほどです。

私が感じる暗闇バイクの魅力ですが、
暗闇効果なのか仕事のことや雑念も消え、画面とペダリングに集中できることと、
心拍数150前後の苦しみにゆがんだ顔を他の人に見られないことでしょうか。
脂肪燃焼効率も高いので、忙しくて時間があまりとれない方にもうってつけです。

リアルに屋外を走るバイクと異なり、
急な雨に打たれることもなく、
転倒して膝を擦りむく心配もなく、
実際のロードバイクと同様の運動効果と充実感を獲得できる。

梅雨のウツウツとした気分を吹っ飛ばしたい方は、ぜひ暗闇バイクをお試しください。

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

メルマガ登録

御社名

メールアドレス